9月って月は(その3)

選挙に行かずにこれを書いてます。すみません。
どうして今日の日に衆議院選挙を設定したのでしょう。
米国を意識した政治。それも大切なことだけど  なんだか‥しっくりこない。

2001年9月11日、現地時間8時48分
米国ニューヨークの貿易センタービルに
ハイジャックされた2機の飛行機が激突

日本時間では11日、21時48分だったが
私が衝撃の映像を安アパートで見たのは23時。
遅い食事を用意し、いつものニュース23をつけたらいきなりあの映像が。


映画か?


しばらく経つともう一機が旋回して飛び込む。
映画にしては映像が荒い‥‥‥
パートナーと顔を見合わせ「やばくね?」
やっとなんとなく状況がわかってきた。

ビル火災の消火には約400名の消防士たちが果敢に上っていった。
街の人を守るために、きっと仕事以上の行いをした。
ニュースの傍観者になった自分は if を考えた。

もし日本で起こったら?

More..→
[PR]

# by taging | 2005-09-11 15:29 | 防災

9月って月は(その2)

Excite エキサイト : 社会ニュース

カトリーナ被害者(と言ったらいいものか)、おじいさんのコメント
「まるでベトナム戦争のようだった」

大変幸運なことに戦争体験者でも災害経験者でもない自分でも
米国男性のこのコメントが印象に残った。
大地の揺れ、家屋倒壊の韻、直後の風景、逃げ惑う人々
なるほど、戦争という比喩が的をえている。

怖いです

さて、日本の台風14号は西日本各地で暴れたようです。
被害に遭われたかた、どうかお気を落とさずに日常を取り戻してください。

大地震・大台風・大火事が起きた時、TUGGYが持っていたいもの共通
・財布(そんなものいざって時は持てないさ!と言われても一番に出てくる)
・手帳(またの名をネタ帳。もし他人に読まれでもしたら…)
・水 (きっと一番必要なんだろう)
・携帯トイレ(まずする所を探さねば)

・・・以上?

こ、これはもう、ピンピンしてた時の想定さ。
出血してたら血止めのタオルやら
ガスやホコリが酷かったら口にあてがうタオルやら
水ないから風呂なんてとんでもない時は身体を拭くタオルやら


タオル必要じゃん。


食糧は、水さえあれば結構なんとかなるらしい。
3日我慢すればどこかの自治体が配給し始めてくれる、とかいう話も。
もし、3日何も食べられなかったら自分はどんな行動をとるだろう。

サバイバル

More..→
[PR]

# by taging | 2005-09-07 16:44 | 防災

9月って月は

e0067502_19402816.gif2005年8月30日、新聞を読んでいた。
真上から撮影された、ボートが仲良く波打ち際に集まっている写真が目に入る。

米国ここ100年の間、最悪の自然被害をもたらしたハリケーン
“カトリーナ”の爪痕だった。

最大瞬間風速67m?

うまく想像できない。
家やら車やら牛までもが飛ばされてしまう?
そんなの映画(観てないけど)の中でのことだ。

新聞を読んだ数時間後、社内でちょっとしたことが。
他部署の姐さんとmtgルームでだべっていた。
防災グッズの話題になった。

「何が本当に必要か、わからないのよ」

子供がいる姐さんは、何かあったときパッと持って出られる備えが必要だ。
いや、子供がいる人だけじゃない。一人暮らしの自分だって。

そっか‥何が必要か。日本、ましてや東京なんて、
カトリーナのような暴風は滅多にないものの
台風、地震の被害は頻繁にある。

9月1日、防災の日にはさぞかし防災に関する記事が多いだろうと
新聞をめくってみたが、来週の選挙に埋もれて思いのほか少なかった。

(続く)
[PR]

# by taging | 2005-09-06 11:16 | 防災