12月に医師、走る

e0067502_14573650.jpg昨日は駅前センターで12月生まれのおたんじょうかいでした。

おとーたんが参加していないのは我が家だけ。。。
淋しいとかそういうことではなく、不便です。
あ、TUGにとっては、ですが。

もっと困るのが、
「あのお宅お父さんいないのよ、かわいそうにね」の眼差し。笑
そんなKはYまないフリを。


風邪気味な親子なので、おたんじょうかいが終わって
ササっと帰ってきたのですが。
だんだん酷くなります。鼻風邪。寝苦しそうで‥こっちも辛いです。



加湿&加湿にクッションで頭を高くして寝かせてます。
TUGはまだおっぱいを飲ませているので薬を飲めず
頻繁に起きるあーたんに付き添い、ノド風邪悪化中。

おとといあーたんを診てくれた女医しゃんは
「いま風邪引いてない方がおかしいくらいですから」
朝に受付してもらって、受診は午後でした。
午後の受診が始まってすぐに「今日の受付は断ろう」と仰ってました。
麻疹やインフルの予防接種も賑わいの一因。



先週、じーじが3Mのマスクを大量に届けてくれました。
ダンナは出張が多いので、
移動の際になんらかの病気に感染する恐れがある、とみて。
一度罹ったらヤバいもんが流行るかもしんないから
装着するように伝えて、と。
e0067502_14304390.jpg
あ、ロゴのおかげで怪しさ軽減。
さすがバリヤ率高そうです。
メガネもあまり曇らなそう。

空気ソムリエって病原菌も見えるんかなあ‥
まさかな。しかし
その場のKはYむんだろうな。


Excite エキサイト : 新型インフルの対応マニュアル作成―都病協

【東京都では、新型インフルエンザの発生段階を、(1)発生前期(2)海外発生期(3)国内発生期(4)都内流行期の前後期(5)大規模流行期(6)流行終息期―の6つに分類している。
(中略)
マニュアルではまた、医師法19条により「新型インフルエンザの疑いがあることを理由に診療を拒むことはできない」と指摘。その上で、協会の会員病院に対し、「国内発生から都内流行期・後期、大規模流行期に至る“8週間”の自院の取るべき対応を真摯に考えていただきたい」と求めている。
 ただ、マニュアルに「具体的な内容が足りない」との指摘もあることから、都病協では「随時更新していきたい」としている。】

[PR]

by taging | 2008-12-14 14:44 | 「保育がねえな」「イクジだろ」