KYへの憧れ

e0067502_11412658.jpgいつも、なにかおこぼれをあやかっているのでしょう。
蕎麦屋の前でひたすら待つ、黒猫。
ついつい後ろに並んでしまおうかと考えたほど。

昔うちにあったペラッペラのシングルレコード
赤い、プラスチックみたいな円盤で‥なんだっけ、ああいうの。
とにかく、流行った唄「黒猫のタンゴ」
てっきり猫の名前が"タンゴ"だと思っていた幼少期。
ああ、ねえ。あのリズムがねえ。

  君はカワイイ僕の黒猫 赤いリボンがよく似合うよ
  だけど時々ツメを出して 僕の心を悩ませる
  黒猫の団子・団子・団子



あなたはKY? 空気読み力テストをやってみた

純粋に空気が読めないことに憧れを抱く。どうも周りを気にするタチだからだ。
"空気が読めないそぶりをすることによって場が保つ"から
そうすることもある。ややこしい自分がいる。嫌いではない。
ナチュラルに非KYな言動をしてしまう人も、嫌いではない。
猫のよ〜うに気まぐれよ、らららららら、ら、ら♪

ある男が言った
「air(エアー)が読めねえ」
唄いたい詩を歌えばいいじゃないか。

空気読み力テスト

e0067502_11471054.jpg別の路地で出逢った、別の黒猫→
そういえばマジョタク(魔女の宅急便)のジジもKYっぽい。
「黒猫は縁起悪い」は迷信、イタリアで啓発イベント
【[ローマ 17日 ロイター] イタリアでは17日、動物愛護団体が主体となって「黒猫の日」のイベントが開かれた。

 多くの国で汚名を着せられる黒猫だが、かつて「黒猫は悪魔の手先」などとされていたイタリアではそれが極端で、「黒猫は縁起が悪い」という迷信を信じる市民によって黒猫の殺害が横行。当地の動物愛護団体AIDAAによると、同国内では昨年1年間に推定6万匹の黒猫が殺害されたという。

 AIDAAでは、17日、国内200カ所に情報センターを設置し、道行く人たちに黒猫に関するチラシを配ったり、嘆願書への署名を募ったりした。同団体ではまた、愛猫家として知られるローマ法王ベネディクト16世あてに、支援を求める書簡を送ったという。】
今は亡き、うちの美夜くんもカギしっぽでした。
“かぎしっぽ”の猫、どうして生まれる?
[PR]

by taging | 2007-11-22 09:49 | 文化