よく遊び、よく学び、よく洗え

e0067502_18495885.jpg最近のチャペルは電光の十字架を掲げているのか。パトランプ?

散歩の歩数を稼ぐため、ATMのある駅まで遠回りして
小学校の周りを怪しくないように徘徊した。
夕方になると既に公園や校庭には子供たちの姿はなく
すぐ脇の学童クラブだけが明るかった。
暗くなっても公園で遊んでいた時代は終わったのだ。

パトロールで街の盲点つぶす 加古川・女児刺殺
【加古川市別府町新野辺で市立別府小学校二年の鵜瀬柚希さん(7)が殺害された事件は、30日で発生から二週間となる。地元町内会は事件翌日から毎晩、犯行があった午後6時に時間を前倒しして防犯パトロールを続ける。「子どもが安心して遊べる町を取り戻したい」
「町の雰囲気が一変した」。樋口忠司さん(62)はつぶやく。「集団登下校以外の時間帯、子どもたちの姿を見なくなった。事件前は空き地や公園でよく遊んでいたのに。人に会っても話題は事件のことばかり」】
加古川市女児殺害事件は未だ容疑者逮捕の報道はされていない。
報道自体、頻度が少なくなりつつある。
自宅前での殺傷‥どうやって護れというのだ




親としてみれば、我が子が殺されるくらいなら家の中にいてほしい。
けれども縛り付けておくわけにはいかない。できれば外で遊んでほしい。
大人の目が届くところでばかりじゃ遊ばないのが子供だ。
家の中でゲームばかり、そうなっても致し方ないのだろうか。
狭い空き地で野球しちゃって、ガラス割って怒られる子は廃れたか。ジャイアン‥


TUGGYが子供の頃は「危ない遊具」がたくさんあった。
鎖を持って何人かでグルグルと宙を回る円柱、綱を登るクモの巣山、
毛虫の駆除をする気などサラサラない木の下に、鉄のうんてい...etc

これらは身体に傷を増やし、同時に想い出を残した。
手を離しては地面に打たれ、悶えのけぞり(笑)、バランス感覚を養った。
臭くて太い綱の匂いを嗅ぎ、高さを克服し、腕力をつけた。
猿のようにぶら下がったところを毛虫に刺され、オシッコで消毒する事を知った。
多少は危ない遊具で危ない事を学んでほしい。最近は撤去しすぎだ。

そんなことを考えていると、今の自分にもひと言、呈したいことがあった。
妊婦になってみるみる発生してきた「清潔病」
必要なことかもしれないが、やりすぎもイカンと思われ。

空調に頼りすぎると体温調節ができなくなる、と同様
清潔にしすぎると菌に対する抵抗力もなくなっていく。
今は抵抗力がないから‥と何度も手を洗ったり、だけど
子供が産まれてからも母が神経質で「ミューズ!キレイキレイ!シャボン玉!」
子供にまで強要させてしまうことになれば、モヤシっ子になっちゃう懸念が。

まあ、子供なんて汚いから(失礼!)「洗え」と叱るくらいが丁度いいかも。
だって‥
大腸菌も、ヤダ(´・д・`)
サルモネラ菌も、ヤダ(´・д・`)。
あ、やっぱり神経質になっているじゃないか。最近じゃこういった矛盾の心もち。

実はTUGGY、子供の時は帰って手も洗わずに食事してた。
ドロのついた手でお菓子、とか。
今考えると‥‥汚ったねえ。
手洗いうがいの習慣は、いつ身につけたのだろう?小学校高学年くらいか?
今考えると‥‥抗体バリバリ!

トイレ後の手洗い、どうしていますか?


最初の子には洗わせちゃうかもなあ(当たり前!?)。
子供が増えていくうち、ある程度キレイにしなくても平気になって
4人目の子なんか放ったらかしで、風呂で全てをクリアさせようって魂胆に。

そんな流れは、わかっとるですよ。。。
だけど今は、清潔にしておきたいとですよ。。。
チャペルの下で口づさんだ。子供たちに残したいのは

ココロ揺らす言葉
カラダ揺らすリズム
ノドを震わし触れてみた 何も怖くなかった
明日かかる虹が霞んでいたら
また青い傘をさせばいい

大人だって子供だって、被害者にも加害者にもなる。
警察に触法少年の強制調査権 少年院おおむね12歳から
小6息子に盗み手伝わせる 地上10メートルの出窓から侵入
[PR]

by taging | 2007-10-31 20:12 | 防犯