エマージェンシー:コール

消防署にいたずら電話388回、「さみしかった」男性を逮捕
ペットでも飼いなさい!
【2006年5月から今年の7月にかけて、消防署に388回のいたずら電話をかけた男性(58)が逮捕された。この男性は「さみしかった」と証言している。
彼は「一人住まいでさみしかった。消防や警察が好きで電話した。かまってもらいたかった」と、容疑を認めているという。
読売新聞によれば、彼は消防署に「燃えてる、燃えてる、ガソリンと灯油に火を付けちゃった」などと電話をかけていた。
7月前半には、こうしたウソの119番通報を受けて、消防車10台や救急車1台、消防職員35人が容疑者宅に向かったこともあったそうだ】
金のかからない淋しさを紛らわす方法は、友達を作るしかない。
その人に少しの魅力もないと友達は作れない。
あとは大抵金がかかる。



・キャバクラに行く、とか
・キャバクラに行く、とか‥
・キャバクラに行く、とか‥‥

しまった、他に思い浮かばない‥‥
キャバクラでも、親身に相手してくれるオネーちゃんは
財布のゆるいオヤジか、話し上手の遊び慣れたオヤジだ。
ただしここでもある程度、人間の魅力が問われると言ってもいい。
結局、若い頃から人付き合いを学ばねばいけないんだなあ。。。

木という字を一つ書きました
一本じゃ可哀想だから
と思ってもう一本並べると
林という字になりました
淋しいという字をじっと見ていると
二本の木が
なぜ涙ぐんでいるのか
よくわかる
ほんとに愛しはじめたときにだけ
淋しさが訪れるのです
       ー寺山修司  愛さないの、愛せないの よりー

緊急通報の料金はNTTが負担している。
タダで淋しさを紛らわそうとすな!
NTTでバイトでもせぇ。労働とともに友人を。


まったく‥変なオッサンの相手しとる場合じゃないんだ。
<救急車事故>搬送中の妊婦流産 大阪
受け入れ拒否と車内での破水の上、出会い頭の事故‥
通報から3時間、間に合わなかった。
【29日午前5時10分ごろ、大阪府高槻市富田丘町の国道171号交差点で、妊娠中の奈良県橿原市の女性(36)を搬送中の救急車と軽乗用車が出合い頭に接触した。搬送先の高槻市の病院で、胎児の死亡が確認された。女性は119番から車中で約1時間半も受け入れ先が決まらず、橿原市から約41kmも離れた高槻市の病院へ運ばれる途中だった。昨年8月には、奈良県の妊婦が転送先が見つからずに容体を悪化させて死亡しており、救急体制の不備が浮き彫りになった。
女性は同日午前2時44分ごろ、橿原市内のスーパーマーケットで買い物中、「下腹部が痛い」と訴え、同居の男性を介して119番通報した。奈良県の橿原消防署(中和広域消防組合)の救急隊員は同県立医科大に受け入れを要請したが、「手術中のため不可能」と回答された。このため、同消防署は大阪府内の産婦人科などに要請したがいずれも「処置中」などを理由に断られ、10施設目(連絡は延べ12回目)の高槻市の病院に決まったのは同4時19分だった。かかりつけの医者はいなかったらしい。
 高槻市消防本部によると、女性は妊娠20週目だったとみられるという。】
20週で破水となると‥ほとんど助からないようだ。
その時間に病院いられたら破水はなかったかもしれない。
ただ、深夜のス−パーで買物という点も不思議なのだが
人には様々な生活サイクルがあるのだろう。
どこで安心して妊婦期間を過ごせばいい?

TUGGYかかりつけの医院助産婦に聞いた話では
1500gで産まれてきてしまいそうな母子の受け入れ要請をしたが
受け入れがやっと決まったのが20kmは裕に離れる八王子市。
母体が危険にさらされ、救急到着前に産まれてしまい
医師と共に赤ちゃんだけが搬送されたらしい。

全産院が全ての出産ハプニングに対応できる施設を持てばいいのだが
それは現実的でない。例えば自然分娩オンリーの小さな医院だって
妊婦のストレスを軽減させるのに必要なのだ。
大病院は緊急時のメリットが大きいが、それなりに金額が張る、
個室に入りづらい、分娩時バッティングがあるなどの重要セレクトが。

病院からの要請でさえ拒否られるのだから
そのネットワーク、どうにかしてもらいたい。
大阪・奈良だけの問題ではないのだ。
[PR]

by taging | 2007-08-29 16:13 | 防犯