瞑想と失踪と疾走

e0067502_223014.jpgネパールでは魔除けにライオンを置くそうだ。
狛犬ってやつだ。
スフィンクス、とも呼ぶべきか?

ブッダの生まれ変わり!? 謎の少年が行方不明

春の匂いが少し前から鼻に飛来し、
脳に直接記憶を呼ぶ。
もうすぐ彼岸だ。参らねば。
以前にも書いたが、彼岸とは、あちらの岸。つまりあの世ですわ。
春と秋に、太陽が真東から昇り、真西へ沈み
昼と夜の長さが同じになる日、春分・秋分の日〜。



極楽浄土は西にあるんやて。
真西に太陽が沈む、
年に2回は夕日が極楽浄土への道しるべとなるらしい。
昼夜時間が同じになるのも、あの世とこの世がちょぴっと繋がる、とか
簡単に言うとそんなカンジで。

ちなみにこの世は“此岸(しがん)”と呼ぶらしい。
"この岸"も、いいねえ。いとをかし
サンスクリット語では“サハー”
中国語では“娑婆”、シャバですな。
ムショはあの世、とはよく言ったもので。
【一部の人々からブッダの生まれ変わりだと信じられている少年が、10カ月間に渡って瞑想していた場所からいなくなった。土曜日、ネパールの警察当局が少年の捜索を開始した。】

ええ?彼が?
【少年は昨年5月から水も食料もとらずに瞑想を続けていた。また、彼の信奉者数名も行方がわからなくなっている。
 当局が捜索しているが、現在のところ、全く何処へ行ってしまったのか分からないという。
 瞑想を続ける少年を一目見ようと、バラ地区の密林を10万人以上の人々が訪れた。
 しかし少年の50メートル以内に入ることは許されず、夜になると信奉者らが幕を張ってしまうため姿を見ることができなかった。】

また、生まれ変わっているのだろうか。
んなこと書いたら怒られそうだが、仏教の世界では
なんら不謹慎なことではない気がする。
[PR]

by taging | 2006-03-13 22:27 | 開運