ラモスと高原と大黒

「東京Vを愛している」 J1復帰狙うラモス新監督
熱い男がとうとうJ監督へ。
やっぱラモスはヴェルディでしょ。
【Jリーグ2部(J2)に降格する東京Vのラモス瑠偉監督(48)が25日、東京都内で就任の記者会見を行い、チームカラーを引き合いに出して「グリーンの血が流れているというぐらい東京Vを誰よりも愛している」と話し「1年で1部(J1)に上がることが目標」と宣言した。】

一世風靡(セイヤ!セイヤ!)したヴェルディが降格。
Jリーグが始まった頃はヴェルディくらいしか知らなかったものだ。
ブラジルの血と日本の心で勝ち上がってほしい。




ビーチサッカーでも熱かったし。
カズも「やりにくい」って言ってたな。
今後ドーハ組がどんどん監督になっていくのでしょうが
そういう意味でも面白くなってきました。

おーっと高原が結婚
オメデト〜!こないだアシストしてたね
スポーツ選手の支えになるって、大変だけど
奥さんも頑張って!

大黒のグルノーブル移籍が正式決定…G大阪と涙の別れ
大黒、移籍おめでとう!
サッカー人生、これからだけど
ガンバでの今まで、多分楽しいことだけじゃなかったと思う。
小さい時からクラブチームに居続けるだけでも大変なのだ。
自分、北朝鮮戦でのあのゴールを忘れません。
【フランス2部リーグ・グルノーブル移籍が正式決定した日本代表FW大黒将志(25)=G大阪=が25日、大阪・吹田市の万博クラブハウスで『涙の誓い』だ。チームの解散式が行われ、全選手、スタッフを前に「死ぬ気で頑張ってくる」と号泣して別れを告げた。】


【追記】
大黒が入団会見、仏語で決意表明「たくさんゴールを決める」
【 郷に入れば郷に従え。大黒がフランス語で決意を表明した。

 「ボンジュール(こんにちは)」と切り出した後も覚えたてのフランス語が続く。「はじめまして、大黒将志です。たくさんゴールを決められるように頑張ります」とたどたどしいが、約30人の地元メディアからは大きな拍手が起こり好感触だった。

 9日夜、そしてこの10日朝も、背番号9の新ユニホームで霜が降りた芝生に飛び出した。「海外で踏み出すにはフランスリーグはいい。僕も上がっていきたい」とW杯開催地ドイツへとつながるアルプス山脈を見上げ誓いを胸に刻んだ。

 慎重論にも反発。9日夜のグデ監督との話し合いでは、まだ完治していない右足首が争点に。同監督の「治すのが先決。再発で時間がかかるのが一番怖い」という言葉に対して「それだとコンディションが落ちる」と早期の練習参加を譲らなかった。

 「チームを1部に昇格できるようにしたい。フランス語は日常生活で困ることがあるかもしれないけど、サッカーは右とか左とかそんな言葉でいいから。そんなに問題はないと思う。心配ごとは日本の動物病院に残した愛犬のラオウ(チワワ)ぐらい」

 8日のフランス杯は、1部リーグ戦で首位を独走するリヨンに0-4と大敗した。11日のバレンティエンヌ戦(ホーム)はスタンド観戦する。デビュー戦となる20日のギャンガン戦(ホーム)が待ちきれない。 】

e0067502_21173979.jpg
おまっとさんの再入荷!

まだまだセールだよ
[PR]

by taging | 2005-12-25 21:14 | 蹴球&競技