コブラと粒

e0067502_1412398.jpgそろそろ20年になる付き合いのコブラトップ(パナソニック)が
調子悪くなってきた。
そもそもフロントトレーってイジェクトが壊れやすい。

自分で焼いたCD-Rで流すなんて考えられてないし
加えて少々の振動で曲が飛ぶとなると
幼い子の音楽センスに支障が‥とは考えすぎだが
飛んだらいちいち歩行ステップを外してしまうTUGGYには
いささか疲れるシロモノとなってしまった。

大きなナリのCDラジカセ、実は高性能なので気に入っている。
3ウェイ6スピーカー、ラジカセのわりに重低音がとてもいいし
「聴く」ためのカスタマイズが簡単にできる。




ウリだった、手をかざすと自動で電源が入る
"マジカルコブラトップ機能"は、ほとんど使わなかった。
センサーの反応がよすぎて、いらん時に電源が入って‥のくり返しだった。

時代の波に乗りMD(これも懐かしい)に、MP3に変わっていって
いまや骨董品と化したカセットテープも、いまだ何本も所持している。
コンポが欲しいが買えず、彼を手に入れた。手放すには忍びない。
居候してた時も連れて行ったし‥。
オーディオが壊れたボロ車に乗ってたときはリアシートに陣取ってたし‥。

e0067502_22462661.jpg
しかし我が家のリビングには、
ちと大きすぎて持て余しているのだった。
そこで、ご隠居さんになっていただくことにした。

新人のパーソナルオーディオシステム(通称:スリムくん)には
壁棚にふんわり乗ってもらい、今後の活動を期待する。
再生のほとんどがジブリとアソパソマソになることは知らされていない。


あーたんはここのところ、叱られると情緒の安定のためか
くちびるを触り、皮を剥くので上唇や指が血だらけになっている。
それを『やめたほうがいい』とやんわり注意すると
自分の髪の毛をプチプチ抜き始める。
手持ち無沙汰な時もやっているし、眠い時にも。朝起きて指が血だらけなので怖い。

最大の防犯は教育、なんてことを常々こちらに書いておきながら
実際にやるとなるとどうでしょう、難しいことこの上ない。
何が難しいかというと、親である自身の辛抱、堪え忍び加減である。

あんまり叱りすぎてもいけない →しかし常識のある人間になってほしい。
甘えさすけど甘やかしちゃあ、ってんでやりたがることはやらせる。
e0067502_1420228.jpg→しかし‥仕事が増える一方。
できないのにやりたがるから物事が進まない。
時間がいくらあっても足りない。幼児の親の宿命。

子供を信じること。
これができていないのかもしれない。反省だ。
日々反省だ。。。

TUGGY身体と自律神経の健康に対しても、わりと右往左往。
なるべく栄養バランスのある手作りの食事を →でも無理しちゃダメよ
じゃ惣菜買ってきても、パウチ品使ってもいいじゃない →子供の栄養考えろ

あちらを立てればこちらが立たずのエンドループ
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。
ああ、また時間の粒が漂っている。


我が家の娘・息子たちはMP3なんぞ音楽をiなんとかで聴くのだろうか?
はたまたまた別のNewデジタルファイルがやってくるのだろうか?
自分で演奏した、唄った音は録音するだろうか?
あの日の父、母のように。
逆さまに入れてガチャ!  カセットテープ付き「けいおん!!」フルアルバム第二弾
[PR]

by taging | 2010-10-01 23:35 | なんかの機械