初夜〜3日目

e0067502_156154.jpg前の記事
朝まで寝てくれたらいいな‥そうは問屋が卸さず。
風呂入って、このブログUPして
お勝手を片付けてから、その他雑事。
ダンナを待たずに一緒に布団へ。

【1:30】

ダンナが帰り、風呂から出た様子。
TUGGYは眠りが浅く、起きてしまう。
そんな母の気配を悟ってか、風呂場の音に反応してか
あーたんも起き「いつもは深夜に起きるとすぐにおっぱいくれるのに‥
 なんでありつけない?どこ?どこ?おっぱいどこ? うわーん」




寝ぼけているが、言い聞かせなきゃ。。
『おっぱい、バイバイしたよね?』
「そんな‥殺生なぁ‥」シャツの中をまさぐられる。

バンソーコー、貼り直しておいて正解だった。
自分も寝ぼけて、習慣で授乳してしまうかもしれないと予防のために貼った。
『ね?おっぱい、ないね?あじゅ、バイバイしたの思い出した?』
「う‥うう‥わーんTーT T◇T T_T ぎゃぁぁぁぁんT△T T*T」
『うん、泣いちゃいな。もっと泣いちゃいな、つらいもんね』

何度も何度も母の胸を確かめて、欲望と闘っている。
こんなに辛い思いをさせるなら、あげてしまいたい‥
しかしそれはしちゃいけない。

ダンナが様子を見に来た。
『あ、おとーたん帰ってきたよ』
「あーたん、頑張ってるな。エラいな」

抱っこを交代しながら、なぐさめた。
お茶を飲んでくれない。涙と鼻水で水分が出ていく。。。
服の上からおっぱいを叩き、自分が置かれている状況を呪うように天を仰ぎ
おとーたんを拒否し始め、おかーたんの胸を触りながら
泣きつかれ、果てた。

【3:00】

素晴らしく筋肉痛のため、ダンナに軽くマッサージしてもらって寝る。

【5:00】

空腹のためか、ノドの乾きのためか、再び目覚めるあーたん。
シャツの襟首を引き裂く勢いで引っ張る。
『おっぱい、バイバイよ?』
ギャン泣きするが眠気に負け、10分でダウン。
ああ、初夜を越えたーーーーーーーーー


【2日目】

いつも通りの時間に起き、機嫌は良好。
あんなに泣いたのにまぶたが腫れてないのは羨ましい。
今日はおとーたんも早めに起きてくれ、たっぷりと遊ぶ。

公園→外食→買物→ベビカーで30分眠る→また公園

午後のTUGは家で掃除や炊事、搾乳をさせてもらい
夕食までの間、おとーたんとあーたんは生まれてから一番長く遊んでた。
「小学生のお姉ちゃんたちに、"石あげるから遊んで"ってアピールしててさー
 『はーい!はーい!』って言っても相手してもらえるわけないのに‥笑」
楽しかったらしい。

モリモリ食事を平らげ、TUGが入浴している間に睡魔に襲われたあーたん。
夕べあんだけ泣いて、いつも通りに起きて昼寝もままならず
外でめいっぱい遊んだから無理もない。

しかし、20:30に風呂から出てコテンと寝てくれるかと思いきや
今夜のぐずりは割と長かった。
疲れてるわ・眠いわ・おっぱいないわ‥
二日目が一番沁みてくるのかしら???現実味を帯びてくるというか‥
【21:30】寝てくれた。


あーたんは、とっても勘の強い女性かもしれない。
雰囲気を察知する能力に優れている気がする。
そんな話を夫婦で交わし、明日にそなえた。


【3日目】

ダンナは始発で出張に出かけた。
あーたんは2度ほど明け方に胸をまさぐってきたのみで
トータルよく寝てくれた。朝は機嫌がいい。

さて、いつもは12時のお昼ごはんを食べたらお昼寝なのだが‥
やっぱり寝ない。布団に誘っても、すぐに歩き出す。
どうすればいいのだろう。

あーたんは、どんな音楽をかけてもパッチリ目が開くし
背中トントンなんて、怒って手を振り払う。
おんぶで寝かせようとしたこともあったが、降りたがった。

お昼寝って‥どうすれば寝てくれるんだろう?
つか‥もうお昼寝ってしないの?んなわけないよな。
あんまり遅くなると夜に響くし。。。

TUGが眠くなってきた。布団に入って寝ていても、独りで遊んでいる。

【14:30】

傍に寄ってぐずり始めた。ほら、眠いくせに。
胸を覗く。いつまでバンソーコーしていればいいんだろう。
『ほら、ないないよ?』おっぱいバイバイを再確認してまたぐずる。
泣きながら布団に伏せて、何度か顔を振ってから、寝た。
その間に家事を済ませなきゃ。起きてる時間は一緒にいるために。
[PR]

by taging | 2009-05-17 16:02 | 「保育がねえな」「イクジだろ」